トモエ|福山醸造



旨み研究所

2017.12.22

日高昆布しょうゆでおいしく減塩

こちらはトモエ旨み研究所です。

塩(塩分)は人が生きていく上で重要であり、料理の味付けにも欠かせません。
しかし、過剰な摂取は高血圧の原因のひとつにもなり、動脈硬化など様々な病気の引き金になりかねません。
高血圧予防のためにも、トモエの「日高昆布しょうゆ」で『減塩』に取り組んでみませんか?

 
料理をする上で塩分を減らすポイントのひとつが調味料です。
とりわけ、和食においては多くの料理に醤油が使われています。
減塩を意識されるならば、できるだけ『塩分カット』や『減塩』タイプの醤油を選びたいものです。

日高昆布しょうゆ塩分カット1L
トモエの「日高昆布しょうゆ 塩分カット」は塩分が9%です。
通常の濃口醤油の塩分が17.5%ですから、塩分は約48%もカットされています。

大さじ1杯(約15ml)での食塩相当量で比較してみると・・・
濃口と塩分カット
通常の濃口醤油の食塩相当量(写真右)が2.5gなのに対し、トモエの「日高昆布しょうゆ 塩分カット」の食塩相当量(写真左)は1.4gと大幅にカットされています。

 
トモエの「日高昆布しょうゆ 塩分カット」は、丁寧につくられたトモエの醤油に、自社独自の釜茹製法で煮出した日高昆布だしを合わせており、醤油本来の旨味と昆布だしのコクと香りが調和した風味豊かな醤油です。
塩分を減らすと物足りなさやおいしさを感じなくなり食事を愉しめませんが、「旨味」が効いているので物足りなさは感じないでしょう。

「日高昆布しょうゆ 塩分カット」は、料理に使用する醤油の量はいつもと変えずに減塩ができます。

かけ醤油ではなくつけ醤油にするなど、減塩の工夫は他にもあります。
上からかける食べ方は、皿の下に溜まった醤油を食材が吸ってしまうので塩分を多く摂取しがちですが、つける食べ方は食材が醤油を吸い過ぎることがないので塩分摂取の調整が可能です。

 
2017年も残りわずかとなりました。そろそろおせちの支度を考え始める頃ではないでしょうか・・・
おせちづくりに使用するいつもの醤油をトモエの「日高昆布しょうゆ 塩分カット」にかえて、新年から健康的な毎日を過ごすのはいかがでしょうか?




loading