トモエ|福山醸造



旨み研究所

  • 2018.02.21

    日高昆布だし彩りを使ったひなまつり

    • 日高昆布だし彩りを使ったひなまつり
    • 日高昆布だし彩りを使ったひなまつり

    こちらはトモエ旨み研究所です。 今回は、トモエの「日高昆布だし彩り」を使用してひなまつりにピッタリなメニューをご紹介します。 トモエの「日高昆布だし彩り」は、濃縮タイプの万能液体だしです。 簡単・便利で使いやすく、ちょい足しで本格的な昆布だしの旨味を味わうことができ、素材の味を引き立てます。 【ちらし寿司】 米を炊く前に日高昆布だし彩りを加えることで味わい深い酢飯が完成します。 ●材料(約4人分) 米 3合 日高昆布だし彩り 小さじ2 [すし酢]   酢 70ml   砂糖 大さじ2   塩 小さじ1と1/2 お好みの具材 適量 ●つくり方 ①米を研ぎ、日高昆布だし彩りを入れ、通常の水量で炊く。 ②すし酢は合わせておく。 ③炊きあがったご飯に②のすし酢をまわしかけるように入れ、あおぎながら切るように混ぜ、ふきんをかけて常温に冷ましておく。 ④③の酢飯の上にお好みの具材を色よくのせて完成。 ~酢飯にちりめんじゃこや白ゴマを混ぜても良いでしょう~ 【あんかけ茶碗蒸し】 日高昆布だし彩りは液体だしなので卵液とのなじみも良く、だしを取った後に冷めるのを待たずに調理することができます。 ●材料(約4人分) [茶碗蒸し]   玉子 2個   水 300ml   日高昆布だし彩り 大さじ1 [あんかけ]   こいくちしょうゆ 大さじ1/2   みりん 大さじ1/2   水 大さじ1/2   水溶き片栗粉 大さじ1/2   お好みの具材 適量 ●つくり方 [茶碗蒸し] ①玉子を割りほぐす。 ②分量の水に日高昆布だし彩りを合わせ、といた玉子と混ぜ合わせる。 ③細かい目のザルで②をこして、器に流し入れる。 ④弱火で8~10分蒸し、竹串を刺して透明の汁があがったら出来あがり。 [あんけけ] ①しょうゆ・みりん・水を小鍋に入れ、火にかける。 ②ひと煮立ちしたら水溶き片栗粉を加え、あんをつくる。 ③蒸し上がった茶碗蒸しにあんを注ぎ、お好みの具材をのせる。 【貝のお吸い物】 貝のコハク酸と日高昆布のグルタミン酸が旨味の相乗効果を生み出します。 ちなみに、ひなまつりに二枚貝のハマグリやアサリを食す理由は、子どもが将来二枚貝のように息のピッタリ合うパートナーと巡り逢えますようにとの意味が込められているそうです。 ●材料(約4人分) あさり 300g 日高昆布だし彩り 大さじ2 水 600ml お好みで三つ葉など ~貝はハマグリでもオススメです~ ●つくり方 ①あさりはよく洗い、水に浸して、砂をはかせたものを使います。 ②鍋に分量の水、日高昆布だし彩り、あさりを入れて火にかけて、あさりの口が開いたらアクをきれいに取り、にと煮立ちしたら火を止める。 ③お椀に盛りお好みで三つ葉を散らす。 日高昆布の旨味がたっぷりと効いたメニューでひなまつりの食卓を囲むのはいかがでしょうか。 また、日高昆布だし彩りは、お祝いやおもてなしのメニューだけでなく、味噌汁のだし汁やだし巻き玉子など日常のメニューにもオススメです。

    詳しく見る

  • 2018.01.23

    北海道の雑煮とは!?

    • 北海道の雑煮とは!?
    • 北海道の雑煮とは!?

    こちらはトモエ旨み研究所です。 新年に食す、雑煮。 正月にその年の年神様にお供えする物として飾られる鏡餅。そのお餅を雑煮にして家族で分け合って食べることは、神様からの恩恵を賜り、一年を健康に過ごすためとも言われています。 雑煮は、日本において地域特性があるのは有名な話です。 餅は、焼くか、煮るか、四角か、丸か。 餅以外の具は何か。 だしは何か。 つゆは澄まし仕立てか、味噌仕立てか。 では、北海道を代表する雑煮は何か? 北海道の雑煮について調べてみました・・・が、調べていくうちにわかったことがあります。 それは、北海道の雑煮に関する定義がない、ということでした。 古くは、道外の様々な地域から開拓団が入植し、北海道各地で様々な種類の雑煮が食べられるようになったのです。 トモエは北海道の企業ですが、トモエで働く人々は新年にどのような雑煮を食べたのか、そのごく一部をご紹介します。 トモエの人々は生まれも育ちも北海道の人が多いのですが、そんな人々が食べた雑煮がこちら。 餅は、焼くか煮るかに分かれますが四角い餅は共通しておりました。 北海道出身と言っても、市町村が様々なので餅以外の具は各家庭様々でした。 昆布やかつおなどでだしをとり、醤油で味を整えるのも共通しておりました。具に肉が入っていると肉の旨味やコクがつゆに出ていることでしょう。 各家庭によってアレンジが加えられており、十人十色な雑煮でした。 その家庭に代々伝わる雑煮を食べる人もいます。 先祖が福井県出身の人が食べた雑煮がこちら。 福井県の雑煮を代表しているかのような、丸餅で里芋とかぶの味噌仕立てのシンプルな雑煮です。 曾祖母が富山県出身の人が食べた雑煮がこちら。 富山県内でも地域によって具材は異なるそうですが、こちらは魚介・鶏肉・しみ豆腐・野菜・きのこなど具沢山な雑煮です。 昆布でだしをとり、具を煮て、醤油・砂糖・塩で味付けしたものを餅の上にのせます。 曾祖母が香川県出身の人が食べた雑煮がこちら。 香川県の一部で食べられていると言われている白味噌に餡餅入りの雑煮。 こちらは粒餡入りの丸餅で煮ています。 だしはかつおと昆布でとり、具材は細竹・なると・しいたけ・三つ葉です。 実家が広島県の人が食べた雑煮がこちら。 広島県特産の牡蠣が入っています。 餅は丸餅。 だしはいりこで、醤油で味を整えているのですが、具材の牡蠣から旨味のどっしりと効いただしが出ます。 その他の具材は蒲鉾・大根・人参・白菜です。 代々伝わる味でもなく、家庭の味でもなく、自らの好みの味を創作して定番化した雑煮がこちら。 餅は四角。 だしは、鶏・昆布・ほたてで、白だしと塩で味を整えています。 具材は鶏もも肉・大根・人参・白菜・根曲り竹・三つ葉です。 北海道在住の人、道外出身の人、このように様々な雑煮を食し、各々新年を迎えました。 そして2018年の今年も皆様の「食」を豊かにするための貢献をしていきたいと願うのでした・・・

    詳しく見る

  • 2017.10.23

    トモエの「日高昆布しょうゆ」で旨い!イクラの醤油漬け

    • トモエの「日高昆布しょうゆ」で旨い!イクラの醤油漬け
    • トモエの「日高昆布しょうゆ」で旨い!イクラの醤油漬け

    こちらはトモエ旨み研究所です。 今年も秋鮭の旬の時期を迎えました。 北海道では秋鮭の生筋子が時期になると店頭に並び、イクラの醤油漬けをつくるご家庭も多いのではないでしょうか。 今回は、昆布醤油のオススメの使い方の回でオススメしたトモエの「日高昆布しょうゆ」シリーズをつかったイクラの醤油漬けのつくり方をご紹介します。 トモエの「日高昆布しょうゆ」シリーズは通常の濃口醤油よりも塩分が低く、旨味・甘味があります。トモエの「日高昆布しょうゆ」であればみりんや酒を使わなくても簡単に短時間で旨いイクラの醤油漬けをつくることができます。 ※まろやかな味がお好みの方は、トモエ「日高昆布しょうゆ 塩分カット」(塩分9%)を。醤油がより効いた味がお好みの方は、トモエ「日高昆布しょうゆ」(塩分13%)をオススメします。 【つくり方】 ①ボウルにザルを重ねた中に水を入れる。その上に網を置き、生筋子の膜を上にしてほぐし取る。 ②卵をつぶさないように弱い流水で洗い、ザルにあげ水を切る。 ③日高昆布しょうゆに②を約1時間ほど漬け込みます。 ※お好みでみりんや酒を加えてもつくることができます。 旬の時期にイクラの醤油漬けをご堪能ください。

    詳しく見る

  1. 1
  2. 2


loading